HOME > 自律神経失調症、うつ症状
鍼灸

お問い合わせをお待ちしております
TEL.0952-26-3355
受付時間 AM10:00~PM8:00
日曜祝日休診

自律神経失調症とは?

病院の検査では異常が見当たらない症状の多くは自律神経失調症

自律神経失調 自律神経は内臓・血管・分泌腺など身体全体に広く分布し、不随意的(自分の意思とは関係なく)に各臓器や器官を調節する事によって、種々の環境の変化に対して自身のホメオスターシス(内部環境)を維持する機能を果たしている神経系です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は主に活動している時や緊張している状態の時に優位になります。対して副交感神経は食事や睡眠など主に休息している時や緊張が緩む状態の時に優位になります。そしてそれぞれがバランスよく保たれている事が良好な状態なのですが、このバランスが崩れてしまうと様々な症状が現れてくる事があります。これを自律神経失調症(不定愁訴症候群)といいます。

自律神経失調症は一般に種々の自律神経性愁訴を有していますが、これに見合うだけの器質的病変(検査では異常が出ない)がないのが特徴です。


自律神経失調症の症状って?

施術 自律神経失調症の症状としては自覚的なものが多く、頭痛・肩こり・めまい・耳鳴り・疲労感・不眠・ふるえ・四肢冷感・熱感・発汗異常・動悸・息切れ(呼吸が浅い)・胸部圧迫感・咽喉つまり感・(締め付け感)胸痛・食欲不振・胃部(腹部)膨満感・悪心・便秘・下痢・手足のしびれ感・ムズムス感・掻痒感など多彩です。また臓器選択性をもつ場合もあり、心臓神経症・胃腸神経症・呼吸神経症などの名称があります。自律神経失調症の診断はまず器質的疾患のない事を確かめなければならない事が絶対条件です。

自律神経失調症の症状は、身体の一部のみが悪くなったり、精神的な状態が悪かったりと人によって症状の現れ方は様々です。またいくつか症状が重なって出たり、症状が出たり消えたりする場合もあります。これは自律神経系の乱れによる様々な種類の自覚症状なので、症状の現れ方が不安定な為のものです。

また、体質・性格・ストレスに対する感受性によっても、症状の現れ方は違ってきます。


東洋医学と自律神経失調症

東洋医学は「心身一如の医学」

東洋医学は「心身一如の医学」です。つまり病気の原因・症状・体質・精神状態などを総合的(全体的)に捉え、治療も全身的な調整に重きをおいて行います。そして「病気を診るのではなく病人を診る、病気を治すのではなく病人を治す。」と言われるように精神状態も含めて全体のバランスを個々の状態に合わせて適宜調整しながら治療を行います。(オーダーメイドの治療)

自律神経失調症の諸症状に対して、はり・きゅう・マッサージは有効

施術 自律神経失調症の諸症状に対して、はり・きゅう・マッサージなどの各種療法がある程度の成果を上げている事はそれなりによく知られています。これは身体の表面からの刺激が体性感覚神経を介して内臓の働きやホルモン分泌などに影響を与える自律神経反射の中の「体性-内臓反射」を応用させたものです。例えば、腹痛の時にお腹をさすったり温めたりすると、痛みが和らいで楽になった経験は誰にでもあるでしょう。これは腹部への刺激が自律神経を介して痛みを和らげる働きをしたからです。また、西洋医学ではつかみどころの無い自律神経失調症や心身症・不定愁訴の諸症状ですが、東洋医学は身体に起こっている全ての現象を総合的に捉えるのに長けている為、東洋医学の理論では、その症候群が関連付けし易く、かつ把握し易くなっています。これは「今現在起こっている身体現象」つまり「患者さんの訴えるありのままの状態」を重視して経験的に治療を行ってきた英知であり、今現在も決して廃ることなく続いている素晴らしい治療法なのです。

自律神経失調症の諸症状は東洋医学が得意とする症候群といえるでしょう。


クリニックとの併用も有効

当院では心の病よりも、主に自律神経症状を呈する患者様に対して、伝統的鍼灸術にご理解いただいてる心療内科や精神科のドクターよりご紹介を頂いております。

投薬やカウンセリングそして鍼灸を併用することにより、より良い効果が期待できます。


治療

当院では自律神経失調症・心身症・不定愁訴の諸症状に対しての治療を得意とする治療院です。

治療は単なるツボ療法ではなく、東洋医学の生理病理に基づく鍼灸経絡治療で行っています。

また、必要に応じて指圧・マッサージも行っております。但しマッサージに関しては、その手技を施した方がより良い効果が期待できる場合のみとさせていただいております。

icon 自律神経失調症、心身症、ストレス性の諸症状

・証に基づく全身の調整(病の本質に対する処置)
・主訴となっている症状に対する処置
・他の付随した症状があればその症状に対しての処置

治療の経過、成果につきましては、各個人の年齢、体質、軽重、経過年数、鍼に対する感受性などによって違いがあります。治療頻度や期間は出来るだけ各個人の状況に合わせて適宜調整していますので、遠慮なくご相談下さい。

>>施術内容と大まかな治療の流れ


ページトップに戻る