祐生堂はり灸マッサージ佐賀院

当院の鍼灸治療の特徴と利点

中国古典医学に基づいた『日本の伝統的な鍼灸医学』

陰陽マーク当院の鍼灸治療は「経絡治療」と呼ばれるものです。現在鍼灸を行っている鍼灸院整骨院は沢山ありますが、治療スタイルは様々で大まかにいうと「現代の解剖生理学に基づいた刺激療法」「経験に基づいたツボ療法」「古典的伝統医学に基づいた隋証療法」に分けられます。当院では隋証療法を行っています。わかり易い例として、時代劇で出てくるような診察方法で状態を把握し、その診立てに基づいて治療していくやり方です。ただ当時との違いは衛生面も含めて鍼の繊細さや刺し方等は現代人の状況に即したものになっています。

本来、東洋医学というものには独自の思想・哲学があります。その思想・哲学に基づいて古典医術の生理・病理があり、養生も含めた疾病観があります(陰陽論、五行論、臓腑経絡論など)。ですから単に鍼や灸をやっているから東洋医学だというのではなく、本当の意味での東洋医学とはそういった考え方に基づいた治療方法であるべきだと当院は考えています。

最近では東洋医学ブームにあやかり様々な東洋医学の看板がありますが、単なるツボ刺激療法であったり、やっている事は殆ど西洋医学的刺激療法であったりというような所もあるようです。しかし当院はあくまでも、古典医学の考え方に基づいた隋証療法を提供しています。

丁寧な全身治療のメリット

当院の鍼灸治療は全身治療です。
東洋医学ではすべての疾患を陰陽五行臓腑経絡論に当てはめて考えていきます。そしてその診立てによるお身体の状態に対し、まず本質に対する処置を行い全体のバランスを整え、その上で局所や症状に対する処置を行った方がより良い効果が得られます。

身体にやさしい治療

使用針 ハリと聞くと「痛い」「怖い」というイメージがありますが、当院の鍼治療は痛くありません。
治療では「すごく浅い鍼」を行っており、刺入は0,5~3mm程度で痛みを感じることはあまりありません。患者様の状態によっては接触鍼やてい鍼といった刺さない手法を行なう場合も多々あり、患者様の状態や体質によって身体が求めるだけの刺法に変えていきます。

治療時の事をお聞きしますと、感触としては笹の葉の先が「ちょん」とあたる様な感じだったりとか何も感じなかったりとか様々ですが、殆どの方は治療の途中で眠ってしまわれ、鍼に対するイメージが全く変わったという方々が殆どです。

感染防止の為に鍼は全て「滅菌済み使い捨て(ディスポ)針」を使用しております。太さも直径0.10mm~0.16mmのもので、髪の毛みたいに細く痛さも感じにくくなっています。

病になりにくい身体を作る、ストレスに強い身体を作る

元気 東洋の古典医学の生理病理に基づいた疾病観には「治未病(未だ病まざるを治す)」という病気になる前に病気を予防するという現代で言う「予防医学」に相当する考え方があります。人間誰しも弱い部分が多少なりとも存在します。これを素因とも言いますが、そういう素因証に対する養生鍼や健康鍼も昔から存在し、経験に基づく英知として広く庶民に受け入れられてきました。

ストレスの多い現代人にとって、定期的な身体のメンテナンスは生活の質を向上させる為にも非常に重要です。これからの時代はまさに予防医学の時代が来たとも言えます。最近では健康ブームにあやかり都市部を中心に鍼灸のニーズが非常に高まってきているのも事実です。

整骨院(接骨院)、整体院との違いについて

マッサージや整体との違い

慢性的なこりに対して行う「揉む」「押す」といった行為はとても気持ちの良いもので、癒し効果もありますし、きちんとツボに当たればある一定の治療効果もあります。

ただ、当院に来られる患者様の中には、マッサージや整体に対しある一定の評価はあるものの「そのときだけだった」とか、寝違えやぎっくり腰といった急性症状では「かえって悪化した」などといった不満を抱えて来られるケースも多く、残念ながら過剰な宣伝による弊害があるのかなと思ってしまう事があります。

東洋医学の生理病理に基づく経絡治療では、その時々に起こっている身体の現象の改善治癒と同時に、過去から現在に至る体質的な流れも含めて診させて頂きます。身体が向かう方向性を意識して行う治療になりますので、継続して行うことで違った身体が出来上がってくることも期待できます。

整骨院(接骨院)との違い

上記で述べた通り当院は佐賀では殆ど見かけられない伝統的手法に則った「東洋医学専門の鍼灸院」です。
佐賀でも多くの整骨院が治療効果の高い「鍼灸」を取り入れて併設していますが、その多くは「局所や関連部位への刺激療法」や「いわゆるツボ療法」です。ただ誤解のないように申し上げますが、優秀な先生もおられます。

またお身体や症状を診る土台が違うので、当然診立ても違ってきますし、手法や治療時間なども全然違います。他院で鍼灸を経験したことのある患者さんでも、当院での初診時に「面白いですね」といった感想を述べられる方も結構いらっしゃいます。
治療道具は同じ鍼や灸なのですが、中身が違いますので「鍼灸にも色々」と云うことになります。